釣と野球 どちらも面白い

熱くなれる釣と野球アオリイカ

 アオリイカ釣の魅力

 イカの王様アオリイカ

 
 人気沸騰! アオリイカ釣についての話


 アオリイカは本州以南の沿岸域にすむ
 胴長が60cmにもなる大型イカ


 アオリイカの釣法は大きく分けて3種類ある。

 @ウキ釣
 Aヤエン釣
 B餌木釣


 このサイトでは主に「ウキ釣」の面白さを
 紹介したい。
 
  釣のMENU
 
ふかせ釣での磯釣
  
磯釣と釣法
 
投げ釣なら「キス」 
  キス釣
 
今や人気の釣         
  アオリイカ釣の魅力
 
釣った魚は自分でさばく  
  釣魚の魚料理 


  
TOPページ 
 プロフィルと相互リンク
 

 
釣のリンク集
 
リンク集(1)  
 磯釣、船釣(1
 
リンク集(2)  
 磯釣、船釣(2)
 
リンク集(3)  
 投げ釣、堤防釣(1)
 
リンク集(4) 
 投げ釣、堤防釣(2)
 
リンク集(5) 
 ルアー釣、釣具
 
リンク集(6) 
 魚料理、魚拓、魚と健康



 野球のMENU

  春と夏の高校野球

  
天才と怪物       

  プロ野球のサムライ達

  阪神ファンの心理




 野球のリンク集
 リンク集(7)
 アマチュア野球

 リンク集(8
 プロ野球(1)

 リンク集(9)
 プロ野球(2)

 リンク集(10)
 野球論、野球用品

 リンク集(11)
 阪神ファン



 ウキ釣の概要
 タックル

 @竿:  磯竿の1.5号クラス、インターラインのほうが扱いやすい。

 Aリール:中型のスピングリール、リアドラグがやり取りには有利。

 Bウキ: オモリ負荷2〜3号程度、好みの形で結構。

 C道糸、ハリス:  どちらも3号くらいが妥当。

 餌 
 代表的なのが小アジ、これを掛けバリの上部にセットした
 エサバリに生きたまま刺す。
 
できるだけ生きのよいアジがよい、
 かわいそうなのはこのアジでウキを背負って
 あらかじめ設定したタナを泳ぎ回りアオリイカに
 発見されるのを待つ運命なのである。
 このほか、イサキの子(ウリンボウ)、スズメダイなども使える。
 
 仕掛け
 イカリを使ったものが主体で千差万別、
 実用新案特許のものも多い。
 ベテランはいろんな工夫を施した
 自作の仕掛けを使っている。
 初心者は市販のテンビン型が
 トラブルが少ないので薦めたい。     


 右の図が標準的なアオリイカの
 タックルと仕掛である。

 
ウキは見やすいほうがよいので
 立ちウキがベターだろう。

 
問題は仕掛けで諸説があって
 何がベストかよくわからない。

 
恐らく地域によって特色があり
 適合性も要求されると思われる。

 
管理人はテンビン式を
 多用しているが万全とはいえない。


アオリイカ釣の魅力

 
 元来、釣は魚と人の知恵比べである。
 ほとんど知能のない魚に、地球の生物では最も高い知能を持つ人間が
 振り回される。これが釣の楽しみかも知れない。
 アオリイカ釣りは他の魚種の釣と比べても、そのやり取りの面白さは
 群を抜いていると思う。(特にウキ釣の場合)
 当たりがあって取り込むまでの「やり取り」がたまらない。
 引きの強さは「尾長」級だし、最後に墨を吐かせて「玉網」を入れ取り込んだとき
 なんともいえない満足感がある。
 浮き釣の場合、仕掛けがかなりウエイトを占める。
 磯、堤防など場所によって使い分けが必要だと思われる。
 一度ばらしてもすぐに食いつくアオリの習性が面白い。
 死んだアジを海中に投げ込むと釣果を極端に下がるのも事実である。
 なかなか奥の深いのが「アオリイカ釣」と言える。
  
  アオリイカ釣のポイント(徳島県周辺) 
 

 @鳴門 (堤防、波止、港内)

   北泊  北泊新港の先端  (餌木) 型は小さいが秋口には好釣もある。

   堂浦  堂浦港周辺 (餌木釣) 鳴門では人気のポイント

   亀浦資材置き場  亀浦港前方の一文字 (餌木、ヤエン) やや良型もいる

 A美波町
   
   由岐   木岐港   沖の一文字(浮き、ヤエン) 良型もいる。
         
   日和佐 恵比寿浜  車で乗り付けられる波止(浮き、ヤエン) 人気のスポット
         
 B牟岐町 

   古牟岐港  港内のテトラなど (浮き、ヤエン) 駐車場から近くて便利

   牟岐大島  磯釣のメッカ アオリは大島港内での夜釣が有名
            (ベテランは軽く数十匹をゲットする) (浮き釣が大半)

 C海陽町

    浅川港   港内のテトラ  (浮き、ヤエン)  型、数ともにまずまず

    浅川 網代崎  船外機での釣(浮き、ヤエン) 12月頃が好調
               (管理人が毎年釣行しています。)

 D高知県東洋町

    甲浦     イカダ(1〜3号) 、甲浦港内  (浮き、ヤエン)
             磯:ノコギリ、タカバエ等  (いずれも大型が釣れるので有名)

 管理人はアオリに関してはあまり磯釣はしないので、上記くらいが釣行経験のある
 場所であり堤防、港内が主体です。今後は磯にも挑戦していきます。

 とんでもない釣果

@ 2007年12月中旬
 徳島県牟岐町出羽島沖での
 船釣で良型を40パイ釣り上げ
 釣ったのは管理人の知人だが
 釣暦?十年で初めてと興奮していた。
 船の船頭がデッキの汚れに
 不機嫌だったとか。これだけ大量に
 釣れば墨の量も半端じゃないらしい。 


A 2003年1月中旬
 高知県甲浦で3.5kgのアオリ
 ゲットした人がいた。地元の人らしい。
 たまたま翌日に管理人が釣行して
 現物を拝見、あまりの肉厚と
 大きさに唖然とした。
 後日聞いたところでは味の方は
 もうひとつだったということです。


 管理人のバラシ歴

 2002年頃船でアジのさびき釣をしていると、突然凄いアタリ、
 ゆっくり巻き上げるとアオリイカがハリに引っかかってきた。
 そのときの船頭がこれを見てアジをえさにヤエンで軽く5ハイを
 釣ってくれた。このときは100%キャッチしていた。
 以後すっかり「アオリ釣」にのめりこんだが、どうしてもウキ釣が
 好きなので、エギ、ヤエンはあまりやっていない。
 初めの頃はほとんどバラシばっかりであった。

 
浮きが入って、どのタイミングであわせるのかがつかめない。
 ひどいときには4〜5回連続で逃げられがっくりするのが多かった。
 ベテランに指導を願って「合わせる」のではないことが少しわかってきた。
 さらに「仕掛け」が大いに関係することがよくわかってきた。
 テンビン式ではテンビンの材質、重量が問題でどうも金属製のものは
 イカに嫌われるようである。ソリッドなどがよさそうである。
 何とか70%くらいの捕獲率がある「仕掛け」が欲しいと思う。
 さらに今後は「ヤエン」「エギ」にも大いに挑戦していくつもりです。 
  取り込みまでの実況中継
    漂うウキ
    ウキの動きがせわしない。
    軽く沈む。。→これが前当たりだ。
    完全にウキが消しこむ。
   (さてこれからが勝負である)

    軽く道糸を張る。
    グーっと竿に重みが伝わる。
    竿を立てる。
    ゆっくりとだましだましで寄せてくる。
    タモを胴の方から入れて取り込む。
    墨をはいて最後の抵抗をするぞ
    (このとき餌のアジが見えればまず大丈夫)

    アオリの顔を見てごらん。
    凄い目でにらんでいるよ。


    よくやる失敗(管理人は全部経験ありです)

     1.あわてて大きくあわせる(ばれる)
     2.タモを急いでもって行く(ばれる)
     3.墨を十分吐かせないでタモを手前に引くと
       体に(顔に)墨をかけられる


     

 アオリイカと生息地域

餌木(エギ)釣


 アオリイカの釣り方で最も古くから
 行われてきた。

 右の写真のようなエギを使って釣る。


 手軽で若者受けのする釣である。
アオリイカのこんな話

@アオリイカはタモの色まで見分けられる。
  これはあるベテランの釣師から聞いた話で、赤い色のタモでは
  よく逃げられるらしい。(本当かな?)目が良いのは確かである。

A100%取り込める仕掛けはあるのか?
  かなり上手な釣師でも、ウキ釣での取り込み確率は70%位だ。
  100%の仕掛けは「夢」じゃないかと思う。

Bアオリイカの寿命は?
  
イカ類の寿命は不明な点が多いが大型の外洋性種を除けば
  
約1年らしい。  
           

                      Copyright(c) All Rights Reserved